2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'01.01 (Sun)

第67回NHK紅白歌合戦♪


明けましておめでとうございます🎍

下書きしている記事がたくさんあるのですが(笑)
最後まで辿り着かなくて放置状態です💦

こんな気まぐれブログですが、本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m


さて。
雅紀が単独司会を見事にこなした紅白とカウコンが終わりましたね。
皆さんは今、どんな気持ちなんでしょうか。

え?え?え?赤組優勝ってなんでー

雅紀の涙にもらい泣き…感動!

嵐、大トリ最高!生歌最高!!

え、ドームに行くって聞いてないよ?しかも4人??

おい!NHKから移動する時、翔くんハシャギ過ぎやろ(笑)!!

スタジャンに雅紀ー(≧▽≦)愛やね~💚


こんな感じに分かれますかね。

私は全部全部思ってます!
もうぐっちゃぐちゃ!

勝敗についてはホントにモヤモヤしてるし、あんなに頑張って投票したのに、あんなに差がついてるのに、あんなに智くんと翔くんが準備してたのに…

雅紀に優勝旗を持たせてあげたかったよぉぉぉ

28日のMCで言ってたように
智くんが雅紀の後ろで構える画が見たかったよぉぉぉ

あぁ、夢となっちゃったか…無念。

歌に入る前から目がうるうるしてた雅紀。
最後まで司会をやり遂げて、いろんな重圧から解放された安堵感と、嵐のメンバーが横に並んだ安心感があったのかも知れないね。

間違えても、噛んじゃっても、周りがヤイヤイ騒いでても、フォローに回ったり、謝ったり、最後まで落ち着いた司会でめちゃ好感が持てたよ。
架純ちゃんとの司会もめちゃほっこりした♪

ラストの曲、OneLoveでは遠目でもわかるくらい唇がプルプルしてたから、「これはヤバいなー」って思ったもん。
それに気付いて笑うニノとか、最後に雅紀に近付いて手を差し出す智くんとか。
(翔くんと潤くんはTVでは確認出来なかったけど、レポによると二人とも目頭を抑えてたらしい)

嵐ってホーーーーーントに素敵なグループだなーって(о´∀`о)

泣けるけどニヤニヤもして大変でしたわ。

で。肝心の嵐X紅白スペシャルメドレー。
昨日だったっけ?リハの記事があがって歌う曲が大っぴらになったのは(笑)
えぇ、私も知った瞬間は「は?今年の曲は?Daylightは?」って思ったワケですよ。しばらく落ち込むほど。
でもその楽曲を眺めてたら「この選曲って生歌にしようと思ってる?」って思うようになって。

そしたらフォロワーさんも同じように思ってて。
「やっぱりそうですよね!」って話をしてたのね。
まぁ、それでも本音を言うと、どーーーしてもDaylightを生で歌って欲しかったのですけどね。

ドキドキしながら嵐が歌い始めた時に。

歌ってる!生で歌ってる!
やれば出来る子!!!←何様

どれだけこの瞬間を待っていたか…
生で歌声を届けてくれるのが本当に嬉しくて、しかも紅白の大トリで!!!

FNSでトラブルがあった時に散々書きましたけど、やっぱり全然感動が違うもん。

嵐の気持ちのこもった生歌が本当に嬉しくて、感動で、この選曲で良かったーって心から思いました。

2016年の締めくくりに最高の感動をありがとう💙❤💚💛💜

カウコンに関しては、もう可愛いしかなく、まさか雅紀の顔写真がプリントされたスタジャンを着てくるなんて思ってもなかったから!
NHKからの中継から、車中、4人並んで雅紀アピールまで、もう可愛くて、愛に溢れて仕方ない!!

大好き💙❤💚💛💜


兎にも角にも。
雅紀、紅白司会お疲れ様でした!
架純ちゃんもお疲れ様でした!
大晦日に素敵な歌を届けてくれてありがとう。

そして嵐。
4人は雅紀が心配でちゃんと楽屋で見守ってくれてたと思うし、大トリで堂々と歌う姿が本当に立派でした。
正直、嵐が大トリを努める日がくるなんて思ってもみなかったけど、すんごいドキドキしたけど、ファンとしてめちゃくちゃ誇らしかったです!

感動をありがとう。

そして2017年も5人の背中を追い掛けます!
今年もヨロシクね♡

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : アイドル・芸能

02:24  |  嵐 歌番組  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sayu0125.blog57.fc2.com/tb.php/1254-2087a326

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |