2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016'03.15 (Tue)

木更津キャッツアイとアカデミー賞@オトノハ Vol.148


4月からドラマ2本に雅紀新レギュラー、通常レギュラーに加えて、諸々番宣…
こーんなに忙しく、一番頑張ってもらわないといけないのに…

レコちゃんぶっ壊れる!!!

厳密に言うと、録画は出来て番組も見れるけど、ブルーレイが読み込まなくてダビング出来ない(T_T)
もうこんな時に限って。とほほ。

ダビング出来てない番組もたーくさんあるのになぁ。
外付けHDDに頼ろうと思ったけど、外付けも本体を初期化してしまえばパーらしい。
買い帰るしかないのかしら。

これ、今の一番の悩みっす。


さて。本日15日♪
そんな悩みも忘れさせてくれるくらいの素敵なオトノハ~♪
タイトルはビールー!って

【More・・・】


もう毎日コンサートの打ち合わせかぁ。

つい先日やっと動き始めた(踊り始めた)感じです。

見たいよー見たいよー。
当落ドキドキするよー!
どうか、どうか、当たりますように☆

話が逸れた(^^;


しやがれ見たよ~!←会話するヤツ(笑)

岡田くんとの雪山ロケ。


いやあ...楽しかった!!
氷投げつけられて痛かったけど、楽しかった!!



もうね、岡田くんのテンションもあるけど、中坊かっ!ってくらいのはっちゃけっぷりに画面から存分にその楽しそうな雰囲気が伝わってきたから!


“二人でロケ”

て、あの頃以来ないのよ。多分。

あ、“あの頃”って、木更津キャッツアイの時ね。



わかってるよ~!
“”でくくられてる言葉の特別感が何とも言えない。

そっか、共演はしてるけど、外での撮影は15年ぶりなのね。
ゲストが岡田くんってわかった時は嬉しかっただろうなぁ。

翔くんにとって木更津キャッツアイがどれだけ特別だったか、そして私達ファンにとってもどれだけ心に残っているドラマなのかって改めて思ったな。
(リアルタイムでは見てないんだけども…)
「ぶっさん」「バンビ」って呼び合ってるだけで、テンション上がるもんね。
二人の間に流れる特別な空気感がとっても好きなんですよね。


数年前から“櫻井”“岡田くん”って呼び始めたからこその。


あの頃の時間がキラキラしてしまうわけじゃないですか。

だから何か。

木更津の土手でゴロゴロしてた日々とか。

寒さに凍えそうになりながら撮影していた日々とか。

木更津だけはたくさんの方に“バンビ”って名前を覚えてもらっていたりとか。


なんかいいよね。
翔くんのドラマ史の青春は全部木更津キャッツアイに詰まってるって言っても過言でもない気がする。
泣けるよ。

最後に“ぶっさん。”で締めてくるところがまた涙を誘うんだよ~(T_T)


あのロケの話をしてくれてありがとね、バンビ♪


で、登山ロケの話しで終わりかと思いきや…


アカデミー賞キタ━(゚∀゚)━!!!


いやあ...。嬉しかったですね。
自分のことのように嬉しかったのと。

ニノが嬉しそうなことが嬉しかったですね。

ニノが嬉しそうなことが嬉しかったですね。

ニノが嬉しそうなことが嬉しかったですね。


(大事なことなので3回言いました(笑))

嵐ってさ。メンバーが喜んでるのを見ると自分のことのように喜ぶグループじゃない。
だから、語弊があるかも知れないけど、きっと翔くんは、アカデミー賞を受賞したというより
ニノが嬉しそうな顔が見れたのが何よりも嬉しかったんだろうなぁ~って。

直接も言ってるんだろうけど、こうやって間接的にまだ“おめでとう”を言い合える関係って素敵!

最初は二宮くんって言ってるのに、ニノってなってるところもまたいいんだよなぁ~❤💛


なんか、盛りだくさんなオトノハだったような気がして、心が満たされた!
翔くん、更新ありがと❤

コンサートリハーサル、頑張ってね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : アイドル・芸能

23:39  |  オトノハ  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2016年03月16日(水) 21:24 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sayu0125.blog57.fc2.com/tb.php/1220-132df38e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |